オールインワンゲルとお気に入りコスメをコラボ!

オールインワンゲルとお気に入りコスメをコラボ!

オールインワンゲルの魅力は、たった1つのアイテムでスキンケアが完了できるところです。
ですが、中には1ステップのケアだと物足りないという方もいますね。
そのような方は、お気に入りのコスメとコラボした使い方をしてみるという方法もあります。

 

化粧水とコラボして使う!

特にインナードライ肌などで悩まされている方は、化粧水とのコラボがオススメです。
インナードライ肌というのは、肌表面はそうでもないのに、実はお肌の内側がひどく乾燥している状態です。
乾燥からお肌を守ろうと、皮脂分泌が活発になり、脂性肌に傾いている方も少なくありません。

 

そんなインナードライ肌を改善するためには、しっかり潤いを浸透させることが大切です。
浸透力に優れた化粧水を使って、まずは内側に潤いをしっかり閉じ込めてから、オールインワンゲルを重ねてみましょう。
ダブルの潤い効果で、内側からしっかり保湿された良好な状態になれます。

美容液とコラボ!

気になる肌悩みに特化した美容液を、オールインワンゲルと合わせて使用するという方法もあります。
その場合には、美容液がどの順番で使用するものなのかをよく確認してください。
ブースタータイプの美容液の場合は、オールインワンゲルの前に使用することで、浸透力を高めてくれます。

 

化粧水の後に使用するタイプの美容液の場合、油分が含まれるケースもあります。
すると、その後のオールインワンゲルに含まれる潤い成分が浸透しにくくなる可能性が高いので注意が必要です。
化粧水後に使用するタイプなら、オールインワンゲルの後に使ってみると良いでしょう。
判断が難しい場合は、メーカーなどに問い合わせてみてください。

クリームとコラボ!

特に乾燥しやすい部分は、皮脂量が少なく、潤いを維持することが難しい部分ですよね。
例えば目元は口元です。
こういった部分の潤いを維持し、肌の柔軟性を保ち、シワなどを防ぐために、クリームを活用してみましょう。

 

オールインワンゲルは、化粧水と乳液やクリームの機能が一体になっているという性質上、油分を含まないものもあります。
そのため、皮脂量が少な目の部分は乾燥しやすいのです。
目元や口元にはお手持ちのクリームを重ねづけして、皮脂の役割をサポートしてあげると良いですね。
ただし、ベタベタになるので使い過ぎは厳禁です。

関連ページ

オールインワンゲルでマッサージ
オールインワンゲルは、ゲルという特殊なテクスチャーをしています。このテクスチャーは、お肌の上ですぐに馴染むのではなく、しばらく滑りの良い状態をキープしています。これを活かして、オールインワンゲルでマッサージをしてみると良いでしょう。
オールインワンゲルでボディをケア!
体のお肌も何もしなければ、どんどん乾燥したり老化が進んだりしてしまいます。体全体に化粧水や乳液といったアイテムを重ねづけするなんて、面倒でやっていられませんが、オールインワンゲルなら楽にケアができますよね。