オールインワンゲルはムラなくしっかり馴染ませる!

ムラなくしっかり馴染ませる!

オールインワンゲルは、比較的、肌に伸ばしやすいコスメなので、ムラにはなりにくいのが嬉しいポイントです。ですが、あまりにも忙しいからと適当に塗布するだけでは、きちんと塗れていないところが出てくる可能性があります。
また、きちんと馴染ませてあげないと、せっかくの効果も半減してしまうので要注意です!

 

まず5点に置いてから!

オールインワンゲルをお肌に塗布する際には、まず顔の5点に置きましょう。
おでこ、両頬、鼻、顎という5点です。
この時、両頬には少し多めに、それからおでこ、鼻、顎はやや少なめに乗せるのがコツです。

 

この状態からゆっくり肌に伸ばしていけば、ムラになりにくく、全体に行きわたりやすくなります。
手の平に取ったゲルを、そのまま直接顔にすり込む、というような使い方は避けてください。
ムラになるだけでなく、たるみの原因にもなってしまいます。

 

それから、小鼻の際や口角、目尻などは特に抜けやすい部分なので、シワを伸ばすようにしながら丁寧に塗布しておきましょう。

 

ハンドプレスで仕上げを!

オールインワンゲルは、非常に便利な時短ケアアイテムです。
ですが、やはり化粧水から順に馴染ませるケアに比べると、どうしても馴染みにくくなってしまうというデメリットがあります。
このデメリットを解消するためには、いかに馴染みを良くするか、その使い方が重要なポイントになるのです。

 

お肌にムラなく塗布したら、その後、手の平で優しくプレスして、しっかり馴染ませてあげましょう。
この時、秋冬など手が冷えている場合には、あらかじめ手をこすり合わせて温めておきます。
温かい手でハンドプレスしてあげることで、より馴染みが良くなるのです。
手のカサカサも同時にケアできて、一石二鳥な方法ですね。

関連ページ

使用量をよく確認!
一般的なステップを踏む化粧品の場合には、化粧水、乳液、クリームなど、それぞれに使用量が違いますよね。オールインワンゲルは、そういったアイテムの役割を1つで全て叶えるからこそ、使用量の加減が大切なポイントになってくるのです。
特に乾燥が気になる時は!?
たった1つのアイテムでスキンケアを完了させられる便利なオールインワンゲルですが、これだけだと肌の状態が物足りない感じになってしまう、という人もいます。特に乾燥が気になる人や、時期によって乾燥がひどくなるという人は、使い方にも一工夫が必要です。
オールインワンゲルを温めてみよう!
化粧品というのは、どんなに良い成分が入っていても、肌の内部に浸透しなければ意味がありません。これに関してはオールインワンゲルでも同じです。そして、その浸透力を高めるための1つの工夫が、温度なのです。
首やデコルテにも活用して!
オールインワンゲルの大きな魅力の1つが、スキンケアにかかるコストを安く抑えられるということです。せっかくリーズナブルにスキンケアを楽しめるのですから、顔だけにケチケチ使うのではなく、首やデコルテにまで活用してしまいましょう!