オールインワンゲルを温めてみよう!

オールインワンゲルを温めてみよう!

化粧品というのは、どんなに良い成分が入っていても、肌の内部に浸透しなければ意味がありません。
これに関してはオールインワンゲルでも同じです。
そして、その浸透力を高めるための1つの工夫が、温度なのです。

 

オールインワンゲルを肌で温める

化粧品の浸透力をアップさせるためには、人肌程度に温める方法が有効です。
ただし、温めると言っても、湯せんにかけたりレンジでチンしたりといった手間は必要ありません。
こういった極端な温め方をしてしまうと、逆にせっかくの成分が壊れて、もったいないことになる恐れがあります。

 

そこで実践したいのが、手の平で温めるという方法です。
まずオールインワンゲルを手に取り、これを両手で包み込むようにして温めるのです。
この時、両手でゴシゴシこすりながら温めてしまうと、せっかくのゲルが手の平に吸収されてしまい、お肌に塗布する分がイマイチ残らなくなります。

 

あくまでも、手に取ったものを包み込んで温める、という感覚で実践してください。
こうして人肌程度になると、ゲルが柔らかくなり、驚くほど心地よく浸透していきます。

 

事前に肌を温めても!

もう1つ、温度を利用した裏ワザがあります。
それが、事前に顔のお肌を温めておくというものです。
例えば蒸しタオルを用意して、オールインワンゲルを使ったケアの前に数分間、顔に乗せておくと良いですね。

 

こうすることで肌が温まるだけでなく、毛穴が開き、化粧品の浸透力が格段にアップするのです。
これは、入浴の際のスチームでも同じ効果が得られます。
じっくり半身浴をした後に、すぐにオールインワンゲルでケアをすると、しっかり肌が潤うのはそういうことなのですね。

 

朝のケアでも時間がある時には、この蒸しタオル美容を取り入れてみてください。
この後に使用するのは、冷たいゲルにしておくと、毛穴が引き締まる効果も実感できます。

関連ページ

使用量をよく確認!
一般的なステップを踏む化粧品の場合には、化粧水、乳液、クリームなど、それぞれに使用量が違いますよね。オールインワンゲルは、そういったアイテムの役割を1つで全て叶えるからこそ、使用量の加減が大切なポイントになってくるのです。
特に乾燥が気になる時は!?
たった1つのアイテムでスキンケアを完了させられる便利なオールインワンゲルですが、これだけだと肌の状態が物足りない感じになってしまう、という人もいます。特に乾燥が気になる人や、時期によって乾燥がひどくなるという人は、使い方にも一工夫が必要です。
ムラなくしっかり馴染ませる!
オールインワンゲルは、比較的、肌に伸ばしやすいコスメなので、ムラにはなりにくいのが嬉しいポイントです。ですが、あまりにも忙しいからと適当に塗布するだけでは、きちんと塗れていないところが出てくる可能性があります。
首やデコルテにも活用して!
オールインワンゲルの大きな魅力の1つが、スキンケアにかかるコストを安く抑えられるということです。せっかくリーズナブルにスキンケアを楽しめるのですから、顔だけにケチケチ使うのではなく、首やデコルテにまで活用してしまいましょう!